税込5,400円以上のお買い上げで送料無料

お電話からもご注文いただけます

0120-40-6000平日 8:10-17:30 / 土曜日 8:10-17:00

ようこそ、ゲスト様

買い物かご買い物かご

葛野お茶便り

  1. ホーム

カテキン先生のお茶講座 第22回 春の節気と節句

2021.01.16 日本の伝統文化カテキン先生 お茶講座

 

 

 

節分といえば、2月3日ですよね。

それが今年2021年は、2月2日なのです。

節分が3日でなくなるのは、1984年の2月4日以来37年ぶり。

2月2日になるのは、なんと124年ぶり!

今回は待ち遠しい春を思い春の節気と節句のお話です。

 

https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/topics/html/topics2021_2a.png

国立天文台WEBサイト 暦計算室ページ より

 

 

 

節分 ≪今年は2月2日≫

節分とは、季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬」の前日のことで、本来は年に4回。

室町時代あたりから、節分といえば立春の前日を指すようになりました。

 

節分にまく豆は、なぜ生ではなく煎ってあるのでしょう?

まいた豆が芽を出すのは「邪気が芽を出す」として縁起が悪いとされ、芽が出ないように必ず煎った豆が使われています。

また、「豆を煎る=魔の目を射(い)る」という鬼(邪気)を祓うという意味もあるそうです。

豆まきが終わったら縁起の良い「福茶」で一服

豆まきの大豆、昆布、梅干しを湯のみに入れ、お好きなお茶を注げば「福茶」の出来上がり。

無病息災や長寿を願って飲む縁起の良いお茶です。

 

 

 

立春 ≪今年は2月3日≫ 

瞬間時刻は23:59!

立春とは、初めて春の兆しが現れて来る頃のこと。

この季節から数えて最初に吹く南寄りの強い風が「春一番」。

春一番の山菜 蕗の薹(フキノトウ)

雪解けの土の中から顔をのぞかせる蕗の薹は春一番の山菜。

独特の香りと苦味が美味しい蕗の薹は、栄養豊富。

冬眠からさめた熊が、最初に口にするのが蕗の薹と言われています。

鶯(うぐいす)

春の訪れを教えてくれる鳥

早春に鳴き始めることから「春告げ鳥(はるつげどり)」とも呼ばれています。

ホーホケキョと尾を揺るがして鳴き、ケキョケキョと続けて鳴くことを「鶯の谷渡り」と言います。

 

雛祭り ≪毎年3月3日≫

雛祭りは、女の子の健やかな成長を祈る日本の伝統文化。

美しい雛人形は大人も幸せな気持ちにさせてくれますね。

ひし餅の色が赤・白・緑なのは?

それぞれの色に健やかな成長を願う意味も込められていますが、白は雪、緑は新緑、赤は桃の花を表しています。

雪の下には春の新緑、上には桃の花が咲いている情景を表現しているそうです。

 

東伊豆地方の雛のつるし飾り

静岡県の東伊豆地方では、「雛のつるし飾り」という雛飾りがあります。

桃(長寿)、猿っ子(魔除け)、三角(薬袋香袋)を基本に、

願いが込められた50種の人形細工を赤糸で繋げて吊るし、飾ります。

ひな壇飾りとはまた違った華やかな美しさがあります。

 

 

啓蟄 ≪今年は3月5日≫ 

瞬間時刻は17:53!

啓蟄(けいちつ)とは、陽気に誘われ、生物が動き出すころのこと。

「啓」は開く、「蟄」は穴にこもるという意、「啓蟄」で『冬籠りの虫が出てくる』という意味です。

 

菫(すみれ)

昔から愛される日本の花

日本全国の町や山に咲くスミレは、啓蟄の頃温かい地域から咲き始めます。

日本に100種以上あり、昔から歌になり、絵になり、愛されてきました。

日本各地に固有種もあり、葛野がある静岡県では希少な「キスミレ」の群生が見られるところがあります。

花をつけたキスミレ、弓張山地(愛知県豊橋市)にて、2013年3月23日撮影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

アクセス数: 223

一覧へ戻る