税込5,400円以上のお買い上げで送料無料

お電話からもご注文いただけます

0120-40-6000平日 8:10-17:30 / 土曜日 8:10-17:00

ようこそ、ゲスト様

買い物かご買い物かご

おいしいお茶の淹れ方

  1. ホーム
  2. おいしいお茶の淹れ方

煎茶の淹れ方

お茶の種類を確かめましょう。お茶は種類によって茶量や湯温、浸出時間が違います。必ず種類を確認しましょう。美味しさにはお水も大切です。水道水は少し長めに沸騰させ、カルキ臭をなるべく抜いてから使いましょう。

1

湯冷ましする

湯冷ましver写真:湯冷ましする

湯のみver写真:湯冷ましする

沸騰させたお湯を、湯冷まし又は湯のみに注ぎ、適温になるまで冷まします。上煎茶ほどお湯の温度に気をつけて。熱湯を早く冷ますには、他の容器に移しかえると1~2分程度で温度が下がります。

2

急須に茶葉を入れる

写真:急須に茶葉を入れる

茶葉は一人分約4gを目安にします。一人の時は量を少し多めに、大勢の時は人数分より少し少なめにして急須に入れます。

3

湯冷まししたお茶を急須に入れる

写真:湯冷まししたお茶を急須に入れる

急須にお湯を注ぎ、揺らさず茶葉を蒸らします。急須を揺すると水色は濃くでますが、甘みがやや少なくなり、少し渋いお茶になります。

4

まわし注ぎする

写真:まわし注ぎする

蒸らし終えたら、どの湯のみも濃度が均一になるように順に廻し入れ、最後の一滴まで残さず丁寧に注ぎきります。

5

二煎目の為に急須の蓋をずらす

写真:二煎目の為に急須の蓋をずらす

一煎目を注ぎきったら、左手で急須の取っ手を持ち急須の底を軽くポンと叩き、注ぎ口側の網に寄った茶葉を離します。蓋をずらして置くことで急須の中の熱を逃がし、茶葉の蒸れすぎを防ぎ二煎目も美味しく淹れられます。二煎目はお湯を入れてから10秒程度の蒸らしで充分です。

玉露の淹れ方

小振りな急須と
湯のみで少量を楽しむ

1

まずは湯冷まし

写真:まずは湯冷まし

熱湯で急須と湯のみを温めておきます。湯冷ましに人数分のお湯を注ぎ、50℃~60℃になるまで冷まします。両手で包み持って心地良さを感じる程度が目安です。

2

湯量は茶葉が浸るくらいが目安

写真:湯量は茶葉が浸るくらいが目安

茶葉は一人分4gを目安に人数分を入れます。一人の時は少し多めの5gくらいを。湯量は茶葉がやや被るくらいを目安に急須に注ぎます。急須にふたをして、約3分程揺らさず蒸らします。

3

最後の一滴まで丁寧に

写真:最後の一滴まで丁寧に

3分たったら、どの湯のみも濃度が均一になるように順に廻し入れ、最後の一滴まで丁寧に注ぎきります。二煎目は冷ましたお湯を注ぎ、約30秒蒸らせばよいでしょう。

お茶の保存方法

未開封のお茶は冷凍庫か冷蔵庫で保存してください。使用する時は湿気を帯びないように、常温に戻してから開封してください。開封したお茶は機密性の高い茶筒に入れ、日の当たらない涼しい場所で保存し、なるべく早くお飲みください。緑茶の賞味期限は1年です。

ページの先頭へ